一人暮らしだと、ガス料金ってどれくらい?平均を知って無駄をなくす

一人暮らしだとガス料金がどれくらいなのか。これから一人暮らしを始める人だけではなく、既に一人暮らしの人でも相場がよく分かっていないので、高いのか安いのか自分だけで判断出来ない人も多いのではないでしょうか。そこで、ガス料金の相場がどれくらいなのかを調べてみました。

 

・都市ガスとLPガスで違いが出る

ガスは冬の方が使いますので、夏と冬とでは料金に差が出ます。
ガス7

LPガス      都市ガス
夏  3,000円〜5,000円  2,000円〜3,000円
冬  7,000円〜12,000円  3,000円〜5,000円

 

となっています。LPガスの方が高いのは仕方ない所ですが、こちらが一人暮らしの平均値となっているようです。つまり、これ以上であればガスを「使いすぎている」事になります。

 

もちろん地域によっても違いが出てきますので、あくまでも平均だと理解していただければなと思います。冬ではあっても九州や四国の太平洋側、沖縄であればもっと安いでしょう。一方、北海道や東北、日本海側の寒い季節の場合、冬はガスが大活躍します。
都市ガスであれ、もう少し高くなるのではないでしょうか。文字通りライフスタイル次第ではありますが、相場くらいは理解しておきましょう。

 

・相場より高い場合

ガス8
自分自身のガス料金を見て、相場よりも高い場合、無駄とは言いませんが、使いすぎている事になりますので、生活を見直してみるのも良いかもしれません。
例えば、お湯を使えば自ずとガスも使っている事になります。お湯を暖めるのはガスの役目です。元々は水で各地に行き届いていますが、お湯を出す場合には水を暖めます。

 

その際、ガスを使っていますので、ガスを使っているつもりはないものの、やたらガス代がかかっていると感じる場合、お湯を頻繁に使っている可能性があります。特に一人暮らしで多いのがシャワーです。浴槽にお湯を溜めるのは勿体ないからという事で、シャワーで済ませている人も多いのではないでしょうか。
シャワーの方が使い勝手も良いですし、一人しか入らないのにわざわざ湯船にお湯を…という思いから、シャワーで済ませている人も多いのですが、シャワーとてお湯を出せばガスが作動している事になりますので、水道代だけではなく、ガス代がかかっています。
シャワーを使うよりも、お風呂のお湯を貯めた方が安上がりになるケースは多いです。特に朝もシャワーを浴びるような人は、いわば一日に二回、「大量にガスを使う時間」があるのです。ガス代も高くなってしまうでしょう。

 

 

トップページへ戻る