こんな使い方していてはダメ!ガス料金が高い人の使い方はこうだ!

ガスの料金は従量制です。使った分請求されますので、請求されたガス料金が高いという事は、言い換えればそれだけガスを多く使ったからこそです。冬場にガス料金が高くなるのは、ガスの使用料金が冬だけ値上げされるからではなく、寒い季節なのでガスを使って暖める機会が増える。
つまりは使用量が増えるため、ガスの料金も高くなるのですが、ガス料金が高いなと感じる人の中には、いわゆる「無駄遣い」をしているケースが目立ちます。そこで、「ガスの無駄遣い」はどのようなものがあるのでしょうか。

 

・一番はガスストーブ

ガス15
ガスストーブが一番可能性が高いです。様々なストーブがありますが、ガスストーブは名前からも分かるようにガスを燃料としますので、使えば使う程ガスを消費します。
近年のガスストーブは温度設定出来る物もあり、室温が設定温度に達すると暖気を控えめにしてくれるのですが、古いタイプのガスストーブの場合、部屋の温度に関わらず、吹き続けます。
これが無駄遣いの際たるものだと言われています。部屋が暖まったら、古いガスストーブは室温関係なく、ONにしていればその分ガスがどんどん使われる事になりますので、部屋が暖まって来たと思ったらこまめに消したり、あるいは新しいガスストーブに買い替えた方がガスの使用量は減るでしょう。

 

・お湯の出しっぱなし

ガス17
これは季節を問わずに多いです。湯船にお湯を溜める際、ついつい他の事に夢中になってしまってお湯が溢れてしまう。このような場合、水だけではなくガスも無駄遣いになります。

 

オール電化やエコキュートなどを使用しているのであればガスではありませんが、一般的にはお湯を使うという事はガスを使う事を意味していますのでお湯の出しっぱなしは、ガスの使いっぱなしという事になります。

 

・シャワーでしょう

ガス16
とにかく多いのがシャワーです。朝晩シャワーを浴びるという人もいるのではないでしょうか。特に女性の場合、朝シャワーは珍しくはありません。
出かける前、あるいは寝起きにすっきりしたいという理由でシャワーを使う人も多いのですが、シャワーを使うという事は同時にガスも消費していますので、ガス代はどうしても高くなります。

 

シャワーは身だしなみを整える上で大切なものである点に異論はありませんが、ガス代が高いと嘆いているのであれば、シャワーの使用を見直してみるべきです。出かけない時は控えるとか、寝る時はシャワーではなく浴槽に溜めた方が節約になります。