ガスと電気ならどっちが安全?さまざまな家電製品別に調べてみる♪

一般的に、ガスよりも電気の方が安全と言われています。ガスは引火性があります。ガスが部屋に充満している時にうっかり火を点けようものなら、いきなり爆発するケースもあります。日常生活の中ではこのようなケースはめったに起きないとは思いますが、例えば地震の際に火災が起きる原因の多くはガスのおかげとも言われています。ガスの方が高温です。気になってる人必見!一人暮らしだと、ガス料金ってどれくらい?平均を知って無駄をなくす

 

暖まるというニーズに素早く応えてくれるのですが、リスクもあるという事です。ですが、電気がまったくリスクがないかというとそれもまた違います。ガスのようにいきなり大爆発するリスクはありませんが、使い方を間違えてしまったらリスクが伴います。例えばこたつを点けっぱなしにしていたら引火したという話も聞こえてきます。結局は自分次第になりますが、双方で気を付けるのはどのような点なのかを見てみましょう。

 

・ガスの注意点

ガスで注意するのは、ガスという「空気」にある点です。見ただけでは分かりませんが、例えば空焚きしてしまうとガスが充満しますので、とても危険な状態になります。近年はどのガス機器にも空焚き防止のための装置が付けられていますが、万が一と言う事もありますし、ガス漏れが発生する可能性もあります。特に厄介なのは、ガスは目で確認する事が出来ません。
ガス13
気体なので、目で「あ、ガスがある」とは確認出来ないのです。そのため、ガスが充満しているにも関わらず、気付かずに火を点けてしまって爆発…というケースが考えられるのです。問題だけを考えるととても危険な物のように思いますが、ガスのトラブルを防ぐ事は簡単です。換気に気を付ければ良いだけです。換気扇を回したり、窓を開けたり。これだけで充満しているガスを排気出来ます。

 

・電気の注意点

電気の注意点としては、電気はガスのように引火するものではありませんが、体に直接触れる物もあります。電気毛布、こたつ、ホットカーペットなどです。これらは電気によって熱を入れるものですが、体に直接触れますので、長時間触れているとさすがに危険です。点けっぱなしの状態で外出したり寝てしまうと、電気代が高くなるだけではなく、火傷の可能性もあります。
ガス14
それらを使用する際には、適宜どのような状態にあるのか。長時間目を離す時には必ず電源を切るよう心掛けましょう。ペットを飼っていると、ペットのためにとついついつけっぱなしにしてしまうケースもあるのですが、ペットが予期せぬ形で動いたり、何かを倒したり動かしたりでトラブルになる可能性もあります。ペットの暖のためであれば、電熱機器以外の方法で考えてあげましょう。