ガス料金ってどこが安いの?いろんな角度から比較してみる!

我々の生活に欠かせないガス。ガスのおかげで便利な生活を手に入れたと言っても決して過言ではありませんが、ガスもまた、様々なサービスが用意されています。そこで、ガスに関してもいろいろと比較してみるとしましょう。

 

・都市ガス

ガスといえば都市ガスです。「関西ガス」「東京ガス」といったものが都市ガスになります。都市ガスのメリットとしては、安い点、インフラが整備されている点にあります。普通に使う分には都市ガスが一番安いです。

 

ガス会社に連絡し、来てもらって開通。これだけで簡単にガスを使えるようになります。一人暮らしであれば3,000円から4,000円。家族であれば10,000円弱。季節によってはもっとかかる時もあるでしょう。

 

また、ガスの利点は何より温度です。近年では電気でも熱を出せるようになっているのですが、電気でとなると時間もお金もかかります。その点、ガスであれば短時間で電気よりも熱い熱を利用する事が出来ます。「短時間」という点が何より特徴です。

 

・LPガス

LPガスは「プロパンガス」とも呼ばれているものです。こちらの場合、基本的には都市ガスよりも高いです。賃貸物件を借りる際、都市ガスかプロパンガスかは必ずチェックするようにと言われているほど。プロパンガスとは、ガスタンクからガスを使うものです。

 

一昔前は比較的良く見かけたものですが、近年では都市ガスの方が身近なのではないでしょうか。プロパンガスは、民間サービスという位置付けになりますので、価格は自由です。プロパンガスは運送も独自に行っていますので、料金には運送費も加算されています。結果、都市ガスよりも高くなりやすいのです。都心部のように家が密集している所であれば人数当たりで割れますので、運送コストも割安になるのですが、地方のように一軒一軒離れているエリアの場合、結果的には高くなるでしょう。

 

ではプロパンガスにはメリットはないのでしょうか。ここまでの説明を聞くと、都市ガスにした方が無難かと思いますが、都市ガスはインフラになりますので、都市ガスが使えないエリアもあります。そのようなエリアの場合、プロパンガスに頼るしかありません。値段の問題ではなく、プロパンガスを使わなければガスそのものが使えなくなります。ガス1

 

近年は余程の理由がない限りは都市ガスを選んだ方が良いでしょう。都市ガスにせよプロパンガスにせよ、様々なプランを用意してくれていますが、都市ガスの方が料金も明朗です。使った分、お金がかかるので分かりやすいのです。
プロパンガスの場合、値段の根拠が分かり辛いので、余計割高に感じてしまう人が多いのです。

光熱費を安くするためには?ガスと電気、上手に使い分ける方法を伝授

ガス、そして電気。どちら共に生活に欠かせないものです。しばし「どちらの方が良いのか」という議論も見かけますが、結論から言えば「どちらも大切」です。微妙に特徴も異なりますし、それぞれいわば「得意分野」が異なりますので、適材適所という言葉もあるように、それぞれのメリットを活かせる使い方が望ましいのです。
ガス2

・それぞれの特徴を知っておこう

ガスと電気。似たような物に思われてしまいがちですが、特徴を見れば同じものではないと気付くはずです。
それぞれ「熱」を持っていますが、熱の温度だけで考えたらガスの方が断然素晴らしいものがあります。一方、電気はガスにない「明るさ」があります。ガスの力で電球に明かりを灯そうと思っても無理です。将来的にはそのような技術も生まれるかもしれませんが、現状、一般的ではありません。
ガスと電気共に熱を持っていますが、ガスの方が温度が高く、電気の方が明るいという特徴があります。

 

・電気で暖める物が増えている

電気の方が明るさがあるのですが、近年はIHなど電気で暖める物が増えているのも事実です。オール電化など、電気だけの家屋も登場していますが、メリットの一つに安全性があります。
ガスの場合、引火する可能性があります。そのため、安全性というアプローチから、電熱機器も多々登場しています。

 

・安全ではあるのですが…

古くは電気ストーブや電熱カーペットがありますが、近年では電熱の調理器具などがあります。これらのメリットは、ガスよりも身近に使える点です。
ガスの場合、ガスの設備がなければなりませんが電熱機器の場合、コンセントから供給出来ますので、手軽に使えます。デメリットとしては言うまでもなく電気料金がかかる点にあります。明るさを求める物はそこまで電気代はかからないのですが、暖めてくれるような物の場合、電気はガスほど瞬時には暖まりません。
どうしても時間がかかりますが、その分も電気は消費しますので、結果的に電気料金が高くなります。
ガス3

・上手く使い分けるコツ

光熱費を抑えるためには、電気とガスを上手く使い分ける事が大切ですが、どのように使い分わけるのが良いのかといえば、先から繰り返しているように、「適材適所」を徹底するだけで良いのです。
電気で暖まろうとするタイプのものは、コンセント供給が可能なので手軽な反面、電気代は高くなります。つまり、部屋を暖めたりする物はガスで、明るさを求める物は電気で。これを徹底するだけで、光熱費は抑えられます。

ガスにもプランによってこんなに料金が違う!知らないと損する情報♪

「料金プラン」と聞くと、スマートフォンのものを連想する人が多いかと思いますが、ガスにもまた、プランが用意されています。
例えば中部ガスのプランには「ウィズガスプラン」「湯とり暖どりプラン」「湯とりE+」という3つのプランが用意されています。大阪ガスは「GAS得プラン」が用意されています。使用料に関わらずに得になるプランで、年間でおよそ15,000円程度お得になるのではないかと言われています。
ガス4

・プランの違い

ガスのプランの場合、ある程度条件もあります。例えば大阪ガスのエコジョーズに加入出来る人は、

 

・居住目的のためだけの建物
・併用住宅の場合、設置されているガスメーターの能力が10m立方メートル毎時以下の場合

 

となっています。契約期間は1年間で、契約は1年間自動継続します。解約料金もかかるなど、この点はスマートフォンの契約に似ている部分もあります。こちらは一か月の使用料によって料金が変動しますので、常日頃からどれくらいのガスを使っているのかを把握しておくと良いでしょう。

 

・どこで情報を得るのか

ガス料金は「安くならないのか」という疑問さえ持っていない人の方が多いのではないでしょうか。
スマートフォンの料金の場合、SIMフリーを使うなどして「安くする方法」がいくらでもあります。そのため、関心が寄せられているのですがガスに関しては料金を見ても「このくらいか」としか思わず、「もっと安くならないのかな」とはなかなか思わない人が多いのです。
しかし、先にも挙げたように、ガス会社も様々なプランを用意しています。
テレビコマーシャルを展開している所であればどのようなプランがあるのか何となく耳目に触れるのですが、テレビを見ない人にとっては、そもそもどのようなプランがあるのかさえ分からないのです。
ガス5
その場合、自分の住まいを管轄しているガス会社のホームページをチェックしてみると良いでしょう。ホームページを見ればいろいろなプランや加入条件が明記されていますので、チェックしてみましょう。
ガスは生活に必要なインフラです。そのためガスの料金に対して無関心な人がとても多いです。
少しプランを変えるだけで料金が安くなるケースもあるのですが、疑問を持たずに「こんなものか」と思ってしまう人が多いのです。
ガスもまた、様々なプランが用意されています。自分が得になるプランが用意されているかもしれませんので、ホームページくらいはチェックしておきましょう。